施術の流れ

ガイダンス

実際の施術の流れをご紹介します。

◯受付


来院いただきましたら、受付で施術受付をしてください。初めて来院の方には、問診票の記入をお願いいたします。
(問診表に記入いただきました個人情報の保護については守秘義務に基づいて万全を期しておりますので安心して受診してください。)
順番にお呼びしますので、お掛けになりお待ちください。

◯着替え


ブースに入って着替えていただきます。

服装は症状に応じて変わりますが、鍼灸施術の場合、下半身は膝下まで出れば大丈夫です。細めのジーンズ等はご遠慮ください。
腰痛、膝痛など下半身に症状のある方は短パン・ジャージなどの着替え(ご用意しております)ので着替えをお願いする場合があります。

男性の場合、上半身は裸、女性の場合は下着のみもしくはタンクトップ・キャミソールなどの着替えをお願いします。
整体、美容メニューは着替えの必要はありません。

◯診察・問診


施術前に診察・問診を行ないます。
施術について気になる点やご質問・ご要望など、なんでもおっしゃってください。

◯施術


診察・問診に基づき、施術を行ないます。
その日の一番ツライ部分から治療させていただきますので仰向け・うつ伏せはそのときよって変わります。
症状・状態によってもっとも楽な形で施術させていただきます。
整体はそれぞれのメニューに沿って進めます。

◯状態確認・調整


施術を行なった後、どのような状態かを再度確認し、調整していきます。

◯終了


着替えていただき、受付で料金のお支払いとご希望の場合は次回施術の予約をお取りください。お疲れさまでした!

使用する鍼・モグサについて

当院では針を患者様お一人につき個別のケースで番号をつけて個人専用として大切に保管させていただいています。

針の混入を防止するために毎回の治療前に治療ブース内でのみケースを開けて消毒し、
治療後は速やかに消毒してケースを閉じ必ずケースが閉じた状態で院内を移動します。

こうすることで感染の危険は限りなくゼロになります。
また傷んだ針は廃棄して新しい針をドンドン補充していきます。

艾(これでモグサと読みます)については知熱灸・透熱灸用の高級艾を使用しております。
非常に柔らかい熱の伝わり方が優しい艾です。
灸頭鍼には熱量の多い灸頭鍼用の艾を使います。
輻射熱で温めるので熱量が多くないと温まりません。
鍼・艾はいずれも国内の専門のメーカー及び取り扱い業者から仕入れております。

開業12年目に入り治療スタイルは大きく様変わりしました。
現在はご希望の患者様以外には針・お灸の施術をおこないません。

手技だけでも十分改善できますし、日々のセルフケアをお伝えして
リピート回数を減らしていく努力を続けています。

最終的に月一回のメンテナンスに通われる方が増えています。
合言葉は「毎月一回のメンテナンスで健康維持」です。

 

治療時間

約30分〜60分です。
施術内容によって時間が変わります。
それぞれの施術のページにて確認をお願いいたします。
当院では、あらゆる方法で患者様の身体の状態を判断していきます。
加えて初診の方には問診表の記入もお願いします。
初診の場合は約60分とお考えください。
また、「美容メニュー」「心気骨法整体」「高麗手指鍼治療」などを併用された場合は治療時間が長くなります。

治療前後の注意点

鍼灸治療は基本的に副作用などはありませんが治療後は循環が良くなり副交感神経優位となり眠くなることがあります。そのため治療後2時間は次のことはできるだけ避けてください。

  • ◆車の運転
  • ◆急激な運動
  • ◆大量の飲酒
  • ◆入浴(サウナなど)

治療当日は食事・入浴は軽めに済ませて早めの就寝をお勧めします。治療の効果がさらに高まります。次のような方は施術できませんのでご了承ください

  • ◆高熱が出ている方
  • ◆飲酒されている方

診療時間

受付時間 日・祝日曜日は隔週で営業
11:00〜12:00 ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
12:00〜19:00 ○ ○ ○ ○ ○ ○

●休診日:隔週日曜日/火曜午後 ※祝日も営業しております。(臨時休業あり)

●TEL/FAX (06)6645―8556※完全予約制です。
(ギックリ腰など急患の場合、まずは御連絡ください)

PAGE TOP